福島原子力災害を経た原子力のあり方

 Ocean Green

Fukushima Nuclear Disaster

BNC Metro

 

チェルノブイリと福島

2018.10.31

 

はじめに

史上最悪の原子力事故が旧ソビエト(現ウクライナ)のチェルノブイリで発生した。1986年4月26日である。偏西風で運ばれた放射性物質が東京でも観測された。2011年3月11日に発生したM9.0の巨大地震およびそれに伴う津波が福島第一原子力発電所を襲い、3機の原子炉で炉心がメルトダウン。これも史上最悪の原子力事故である。

T1
表1 チェルノブイリと福島の共通点

国際評価では両事故ともINESレベルの7である。レベル7はチェルノブイリと福島だけである。両事故とも10万人前後の人々が避難や移住を余儀なくされた。これらは単なる事故ではなく原子力災害である。 

 

事故原因 チェルノブイリ

  原因は技術情報伝承の不備と考える。教育訓練が不足していた。

原子炉の構造が特殊であり、低出力で運転すると原子炉が不安定になるので、低出力運転が禁じられていた。しかし、その技術情報が運転員に伝わっていなかった。その結果、運転員は定格の20%で運転する実験を進め、異常に気づき運転を停止するために制御棒(ブレーキ)を挿入した。その直後、原子力出力は急上昇し、水蒸気爆発に至った。      続きはこちら

 

 

行き詰った原子力

180123

原子力発電は夢のエネルギーとして大きな期待を集めていた。しかし、放射性廃棄物の処理に見通しがなく、その処理コストも幾らになるのか不明である。要するに、原子力発電は行き詰っている。

 

ここで紹介するのは、2009年に公開された「放射性廃棄物 終わらない悪夢」と題する動画(1時間31分)である。友人が動画ファイルをネットで閲覧できる形式に変換し、下記のURLに掲載した。  

    https://1drv.ms/v/s!AjpRqMBZrbH8iBRivToag-yV_UfV

主な項目

米国のハンフォード核施設。核兵器用のプルトニウムを生産する施設である。施設周辺が放射能で汚染されている。  続きはこちら

Hanford
ハンフォード核施設
Three Dogs

 

 

世界の大転換

2018.11.2

はじめに

「世界の大転換」を鴨川義塾で2018.5.12に講演した。以下は講演のレジュメである。大風呂敷なタイトルであるが、その中身は大学時代の親友U君との懇談がベースになっている。U君は世界トップクラスのIT技術者として米国などの海外で活躍し、グローバルな視点の知見が豊かである。

ある時、平成の始まりとベルリンの壁の崩壊が共に1989年に起きたことに気が付いた。日本の変化と世界の変化がたまたまシンクロナイズしていた。これをきっかけとして、大転換を考え始めた。

  講演のPowerPoint資料pdf

 

世界の大転換

重要な事柄を年代に沿って並べる。大きな変化は1982年から1993年の約10年間に起きている。スタート点は1982年に米国が米軍用に使っていたインターネット・プロトコル(約束ごと)を世界に公開したことである。当初は誰も、その重要性に気づいていなかったが。

 

F1-350
図1 大転換の年代リスト

続きはこちら

 

Jアラートの欺瞞

2017.10.05

はじめに

201年8月29日および2週間後の9月15日に北朝鮮のミサイルが日本上空を通過し、襟裳岬の東約1180キロ、2200キロの太平洋上に落下した。このミサイル発射に伴い、Jアラートが北日本に発せられた。このアラート(警報)が多くの人々に要らぬ恐怖を煽ることとなった。

 

弾道ミサイルへのアラートはナンセンス

弾道ミサイルは発射された後にミサイルの飛行軌道を解析すれば、打ち上げの頂点を通過後に落下する軌道を計算から予測することができる。ミサイルという物体の飛行パラメータ(速度、加速度、方位、方位変化など)を把握すれば、物理学の法則か落下位置と落下時刻を計算することができる。        続きはこちら

Fukushima Nuclear Disaster