福島原子力災害を経た原子力のあり方

 Ocean Green

Fukushima Nuclear Disaster

BNC Metro

 

水素爆弾について

2017.03.28

はじめに

広島・長崎に投下された原爆で威力は十分過ぎるのにも関わらず、なぜそれより50倍から100倍も威力が大きい水爆が開発されるのか。私には理解できない。

 

本解説の基になっている情報の多くはインターネットに公開されていた。しかし、そのようなサイトの幾つかは機微な情報を含んでいたせいか、北朝鮮が水爆開発に手を染めるころに遮断された。

 

公開情報を基にして、私が理解する範囲内で、できるだけ易しく「水素爆弾」を説明してみたい。

 

慣性閉じ込め核融合

DとTを含む核燃料材料に外部から慣性力を与え、核燃料を瞬時に高温・高密度に爆縮する。慣性力とは、ゴルフボールをゴルフクラブで打ち、撃力によってボールを前方に飛ばすことに例えることができる。

 

水爆によっては、原爆が発生する中性子を6Liと反応させ(式(2))、水爆本体の内部でトリチウムTが製造される。

 

慣性閉じ込め核融合の大まかな概念を図4に示す。これは筆者が想像する模式図である。中心部にDT核燃料を集中させ高密度状態を作るために、幾何学的な対称性が重要である。そのため、まず球対象が考えられる。これに加えて、図3に示す軸対象の円筒形も想定可能である。円筒形の場合、中心部の空洞に詰め物を入れることで威力を調整することが可能であろう。時間経過はA,B,C,Dの順である。

Bakushuku Keiak
図4 慣性閉じ込め核融合の模式図

  詳しくはこちら

Three Dogs

 

 

エルサレムに米国大使館

 2017.12.10

 

トランプ大統領が米国大使館をエルサレムに移すことを決定した。何という愚かなことをするのか。

トランプ大統領の歴史音痴が暴露された。エルサレムは、日本にいると想像することができないほど、特別な場所である。エルサレムは人類世界の特異点である。世界遺産のナンバーワンである。

 

Jerusalem
嘆きの壁 石組みの変化に注目

   

    続きはこちら

 

Jアラートの欺瞞

2017.10.05

はじめに

201年8月29日および2週間後の9月15日に北朝鮮のミサイルが日本上空を通過し、襟裳岬の東約1180キロ、2200キロの太平洋上に落下した。このミサイル発射に伴い、Jアラートが北日本に発せられた。このアラート(警報)が多くの人々に要らぬ恐怖を煽ることとなった。

    続きはこちら

Fukushima Nuclear Disaster